榎本みょうが君の個展に行った

榎本みょうが君について

昨日(12月1日)、友人の榎本みょうが君の個展 の最終日だったので(正確には二人展)、原宿のDESIGN FESTA GALLERYという場所に行ってきました。

みょうが君は、僕と同じ大学で大学卒業後にプラネットシティというバンドを一緒にやっていました。その当時僕は大学卒業間際の4年生の1月頃に知り合い、自分のためのバンド「プラネットシティ」にて、4チャンネルマルチテーブレコーダーで作品を作っている頃に知り合いました。

当時の彼の担当楽器は(今も)キーボード。僕たちは初めての多重録音に胸踊らせたくさんの作品を残しました。大学卒業後もそのバンドは1年くらい継続し、解散後も僕の新しいバンドのビジュアル関係でおおいに力を貸してくれました。

現在は10年くらい前に再開し、ふたたび音楽活動を一緒にすることができ2017年の「森川家入籍パーティ」にも参加してくれ、現在もPLANET CITYで一緒に音楽作品を作っています。

オリジナルブランド「PINCA」を立ち上げる

そんな彼は、音楽制作以外に本業というか、そっちの方は僕と同じ「デザイン」の仕事をしていて、同時並行で「PINCA(ピンカ)」という手作りブランドを立ち上げて、さまざまな手作り立体作品に取り組んでいます。今回はそのPINCAブランドの「バッグ」をメインにした個展。

もうね、これがいいんです。一緒に行った妻は「きゃーきゃー」言って、おばさんの乙女心を刺激しており、すべてに於いて「おとめごころ」満載のみょうがワールドが炸裂していました。

さっそく妻は、以前に写真で見た「くらげ」のような(笑)バッグ(下写真右)を購入していました。なかなか可愛いです。さらにその下のガマ口(別バリエーション)も買っていたようで、るんるんしてましたよ。

それ以外にも素敵な作品がいっぱい。同じ大学出身で同じバンドをして、同じようにデザインをしている彼が、もうひとつの活動をしているのは応援したいと思います。僕も仕事以外に彼とバンドをやり、今年は小説を書いたように、何か作っていないと気が済まない仲間なんだなと思います。

また、彼の個展や活動について報告がありましたら、このブログでもお伝えしていこうと思います。

最後は、素敵な作品を掲載しておきます(これが全部ではない)。ぜひ榎本みょうがワールドをお楽しみください。


ブログランキングに登録しました。下のリンクをクリックして投票をお願いします。
人気ブログランキングに投票する