入籍パーティ:シリコンカフェアゲイン!

2年前に結婚記念パーティを行いました

僕たちは2017年に結婚しました。その記念というわけで2年前の7月29日に、浅草橋のコワーキングスペースを借りてパーティを行いました。タイトルは「シリコンカフェアゲイン!」まずは動画をご覧ください。

「シリコンカフェアゲイン!」の「シリコンカフェ」いうのは、僕と妻ののりこが2013年5月から2014年7月まで一緒に経営していた「ロックバー・シリコンカフェ」のことです。そのロックバーが閉店したのが7月29日でした。

僕と妻ののりこは、交際期間6年の果てに2017年5月17日に入籍。その結婚を記念してパーティをやろう。どうせやるなら、僕たちが必死になって頑張った「シリコンカフェ」の名前を冠につけようということで、友達に声をかけました。

そして、最初は少し大きめな飲食店を借り切ってパーティをしようと思っていたのですが、価格のわりには色々と条件が合わない。そして人数も来てくださる方々がどんどん増えて、考えあぐねた結果、浅草橋にあるコワーキングスペースを1日全部借り切ることにしました。

PAも料理も全部持ち込み

スペースは借りたものの、内容をどうするか。まずは料理。100人近いお客様をもてなす料理をケータリングで賄うと、けっこうしょぼい。そこでうちの隣に住んでいる久保姉妹(誰)と料理部長のボブ(誰)に全面委託。この日の料理は終日ボブ料理部長のもと、製造されたのです。

料理部長のボブ(左)とクボクミ。配膳スタッフにうちのバンドのキーボードの榎本みょうがくんも手伝ってもらいました。あとは九州から駆けつけてくれた、ヒロミさんとその彼氏にも感謝!

そして、せっかくのパーティなので僕のバンドも一時的再結成して歌いたい。さらに、どうせなら仲間を集めたジャムセッションバンドもやりたいということで、本業PA屋でありAUGM東京代表の村上丈一郎(JOE)氏に相談。すべての機材やバンド関係のマネジメントをしてもらいました。

出演メンバーは、ぴーちゃんとみょうがくん。ギタリストの一宮くん、ウェディングロックンロールバンド、そして僕の大学時代のバンド仲間セッション。

朝一番で起きて、ボブが調理機材と食材を車に乗せて浅草橋。さらにJOEもPAとバンド機材を乗せて会場に集合。そこから出演メンバーがリハーサルで次々に集まってきます(この様子は上の動画にも映ってます)

到着してすぐの僕たちのバンドのリハーサル

とにかく準備に時間がないパーティでした

僕たちが入籍して「パーティやろう」と決めたのが5月17日。そして2ヶ月ちょっとで入籍ロックンロールパーティ。全然時間が足りません。そこでFacebookでグループを作って、そこで全体の連絡。さらに出演バンドもFacebookでメッセンジャのグループで連絡をして、なんとかやってきました。

さらに僕たちには、当日の衣装も大変。まずウェディングドレスと白のタキシードはアマゾンで購入(レンタルするよりも買う方が安いんですよね)、お色直しの黄色いドレスはで、僕の黄色のシャツは下北沢で。さらに妻の髪飾りとか、ブーケとかは、妻の友人の山楠えりさんに力を貸してもらいました。

会場のディスプレイも全部オリジナル。僕なりのアイデアを凝らしたパーティになったと、満足してます。

娘が作ってくれたウェルカムボード。切り絵なんですよ。
メインブースの横に休憩スペースを設置。写っているいるのはフロリダから来てくれたあやや。
ロックバー・シリコンカフェ時代の写真をカラーコピーで壁に貼りまくり。
ロックバー・シリコンカフェ名物「駄菓子バー」を再現
メインゾーンには、数多くのロックスターとロックバー時代の写真のスライドショーを投影。

みんなすげー!パフォーマンスの数々

やっぱすごかったのは、ミュージシャンのみなさま。といっても誰一人プロはいません。僕の大学時代のバンド仲間とか、仕事を始めてからの知り合った人々。

入場の結婚行進曲は、大学時代の仲間「あゆもん」さん。彼女は映像会社の社長、かつ毎週協会でミサでオルガン弾いているそうです。
パーティの乾杯は、ロックバーシリコンカフェの影のオーナー(謎)。水出さん。この日はシリコンカフェ限定のTシャツを着てくれました。
オープニングは妻の友人のぴーちゃん。アコーディオンでの演奏は、僕のバンドの榎本みょうがくん。
大学時代同じバンドでドラムを叩いていた一宮くんは、なんとクラシックギタリストになっていました。当日は僕のリクエストで「ロミオとジュリエットのテーマ」を演奏してくれ、さらに桜庭さんの飛び入りで、ボサノバを歌ってくださいました。

リハーサルなしのロックンロールバンド

ちょびっとだけお色直しをして、後半はセッションバンドでスタート。バンマスはAUGM東京代表の村上丈一郎(JOE)、キーボードはジョンコ(ジョンロードねw)でJOEの昔のバンド仲間。もう一名のギターは、大学時代からの相棒で現在も一緒にバンドをやっているゴンゾ。Tレックスを歌ったのは、ロックバーの常連さんだった田中ちゃん、ベースは元アドビシステムズでこのあとエクサートで同僚になる高澤トールさん、ドラムスは神戸から来てくれた、神戸デジタルラボの社長のぼんぞうさん。さらに後半のボーカルは三重県鳥羽から来てくれたもみやん。

みんな当日の初顔合わせ。当日のリハーサルで「はじめまして」状態だったんです。それでもこの演奏力。僕たち夫婦もコーラスで参加。楽しかったー。

見てて嬉しかったのは、大学時代からずっと一緒に組んでいるギターのゴンゾが、久しぶりにディープパープルやっているのを見れたこと(高校以来だそうです)。そのゴンゾとJOEの当日の掛け合いが素敵。リードでハモったりしてね。これこそがバンドマンの真髄(笑)

上の動画の中で、ディープパープルの「ハイウェイスター」がありますが、これパーティ当日に司会進行の関口さん・鮫島さんから「時間が早く進行しているので、もう一曲なんかやって」と無理難題を言われ、初顔合わせのメンバーで何ができるねん…という話になり、急遽リハなしのぶっつけ本番でやったそうです(すげー)。

ボーカルのもみやんは、一番の歌詞だけを覚えて、全部一番の歌詞だけで歌いきったそうですが(爆)、誰も気がつかない。英語の歌なんてそんなもんですね。

最後のスィートホームシカゴもブルースブラザーズみたいでかっこいい。

ラストは僕のバンドで、ギターにゴンゾ、キーボードに榎本みょうが、ドラムに文田デザインの社長、文田昭仁、ベースは香港から来てくれた田中ハジメ。みんな僕の大学時代のバンド仲間で、それぞれ別のバンドだったり、同じバンドだったりしましたが、なんとなく趣味や傾向が同じで仲良くしてました。

曲は全部僕のオリジナルで、最後にデヴィッド・ボウイのヒーローズをカバー。妻とぴーちゃんもコーラスで手伝ってくれて、楽しかった。

還暦直前の老人の結婚パーティなのに、こんなに多くの人が来てくれて本当に感謝しかありません。しかも九州、神戸、大阪、鳥羽、名古屋、仙台…。さらに香港、フロリダからも来てくれて、本当に嬉しい。

人生の最後にこんな素敵なパーティができて幸せもんの夫婦であります。


ブログランキングに登録しました。下のリンクをクリックして投票をお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
人気ブログランキングに投票する