少林サッカー

これはすごい

2001年の香港映画。この映画を鑑賞したクエンティン・タランティーノ監督は「ぶっちぎりに凄い映画だ」と絶賛したらしいが、まさにその通り。

香港映画と言えば、カンフー映画。つかブルース・リー以外は観るものがないと思ってきた。すべてに於いて未熟て、観ていてイライラする…というのが、僕の香港映画のイメージ。ところが、これはすごい。

チャウ・シンチー(周星馳)というひとの主演、監督、脚本、製作の映画なのだが、これだけ好き勝手にやるには、そうしたポジショニングが必要だったのだろうね。

物語は、貧乏で落ちぶれた元サッカー選手と、同じく貧乏だけど少林寺拳法を広めたいという志を持った若者シンが出会い(チャウ・シンチー)、サッカーチームを作って、サッカー全国大会に出場するという内容。

大会で優勝するために、シンはかつての兄弟弟子を集める。鉄の頭とか鎧の肌とか、空を飛ぶ肥満児とか、もうむちゃくちゃなメンツなのである。最初からぶっ飛ばしすぎだと思ったが、これが最後まで続く痛快な映画。

ほんとうにすごいw

こういう無茶苦茶さを、いいかんじのテンポでどんどん魅せるのが、この映画のすごいとこ。VFXとワイヤーフレーム使いまくり、なんでもありなのである。

この映画を観ていて、いい意味で監督は、日本の漫画の影響を受けているのではないかと思った。

古くはアパッチ野球軍や、巨人の星、タイガーマスク、アストロ球団。サインはVと柔道一直線。ドカベンの殿馬と岩鬼。そしてドラゴンボールとキャプテン翼。魔球や必殺技で育ってきた僕らだから、よくわかる。もうなんでもありなのです。本当にすごい!すごすぎる。

物語の展開も決して難しくせず、最後はハッピーエンドで終わるのもいいね。エンディングも僕の大好きなNG集なのが嬉しい。

残念ながらアマゾンプライムやHuluには登録されていないみたいです。有名な映画なので、ぜひレンタルビデオで見てね



ブログランキングに登録しました。下のリンクをクリックして投票をお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
人気ブログランキングに投票する