テッド

決して子供とは見れない映画

2012年のファンタジー・コメディ映画…いや、これはブラックコメディかも…(笑)。主人公のジョン(マーク・ウォールバーグ)はいじめられっこ。そこにぬいぐるみのクマ、テッドがプレゼントされる。少年はこのぬいぐるみが「生きていればいいのに」と願い、それが叶う。ジョンとテッドは友達として仲良く暮らし、27年後(2012年)の今も一緒に住んでいる。

物語は、この27年後の現在を描く。35歳になったジョンはやる気のないレンタカー屋の店員。ぬいぐるみのテッドは、酒を飲み、マリファナを吸い、ヘルス嬢を家に呼び(しかも4人も)、そのヘルス嬢にプレイで床にウンチをさせる。

普段はダラダラと「フラッシュ・ゴードン」のDVDを見て過ごすという、ダメなぬいぐるみなのだ(ジョンもw)。

出演している女優がそこそこ可愛いw

そんな彼らに、ジョンの彼女の怒りが爆発し、テッドとジョンは別々に暮らすことになる。スーパーでレジを打つテッドがかわいい(笑)。が、レジ打ちに美人のバイトをスーパーの倉庫でFuckしてしまうという無茶っぷり。

その後、テッドが誘拐され、ぬいぐるみが真っ二つに破られてしまうが、最後はハッピーエンド。…だったかな。

ちゃんと最後まで観たんだけど、なんとなくしか覚えていないのだ。だからと言って、つまらない映画ではなった。ぬいぐるみのCGは可愛かったし、途中で色々でてくるエピソードやセリフにもニヤニヤさせらる。

そこでもう一度、ブログに載せようと思ってざっと飛ばし見をしようと思ったら、これが面白い。面白すぎて、ブラックで笑えない。

ちなみに、ブログ掲載用にスクリーンショットを撮る際に、わざと字幕をそのまま残しました。観てもらえればわかると思いますが、あまりにも際どい(というかオゲレツな)セリフばかり。

テディベアに命が宿る…なんて子供の夢がテーマになっているますが、決して子供には見せられない映画なのです。


  • 監督:セス・マクファーレン
  • 出演者:マーク・ウォールバーグ/ミラ・キュニス6月29日
  • 日本公開:2013年1月18日(通常版)/7月5日(PG12版)
  • Wikiペディアで見る
↑Amazonで視聴する場合は、上の画像をクリック

映画レビューのもくじを見る


ブログランキングに登録しました。下のリンクをクリックして投票をお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
人気ブログランキングに投票する