さて、どんなブログを書こうか

何を掲載していくのかを考えた。

この数年、僕は仕事として中小企業さんのホームページ制作の支援をしています。そして特徴的なのは「ブログ」を使って定期的に更新することで、見てくれる方々に「役立つ」情報発信をすることを推進しています。

その役立つ記事と、更新頻度の速さが中小企業さんがホームページで利益をあげること、すなわちモノやサービスを販売することを大きく手助けすると思っています。

いつもの仕事では必ず「目標と目的」をじっくり考えるのですけど、今回の「森川さんの個人ブログ」では、あまり深く考えていません。まずは「ブログを書きたい」「インターネットに僕の記録を残しておきたい」という個人的な欲求さえ満たしていれば、それでよいかと。

いつもは「人のお役に立てる」みたいな目標があって、ホームページで利益を出すという目的が、僕の仕事のスタンスなんですけど、今回はどっちも無し。僕が満足できればそれでよいと思っているのです(爆)。

まずは掲載カテゴリを考えてみた。

…とはいえ、日々思いついたことを好き勝手に書くという「垂れ流しブログ」では、きっとネタ切れになったり、途中で飽きてしまうだろうと思い、まずは掲載する記事をざっくりカテゴリに分類してみました。このやり方は仕事で中小企業さんのブログを構築していくときも同じ。いわゆる情報分類設計ってやつです(笑)。

分類してみたカテゴリは、以下の7項目になりました。

まずは自分自身が考えている今と過去を整理。

このブログ記事もそうなんですが、日々起きる出来事とか日々考えていることは「日々の出来事」というカテゴリに書こうと思っています。僕も今年(2018年)で還暦(60歳)になったので、どう考えても残りの人生の方が少ないので、このカテゴリはこの先、何年書き続けられるかわかりませんけどね(笑)。

それに対して60年も生きてきた僕には、長い歴史があります。振り返ってみるとかなり波乱万丈な人生だったのですが(笑)、あまりにも起きた出来事が多過ぎて忘れてしまっている、忘れかけていることも多くあります。そういう意味では「個人歴史」という分類を作って、過去を振り返ってみるのもよいと思ったのです。

数多くの出来事に遭遇した経験を持っていると、時々日常で、その記憶がフラッシュバックしてずーっと記憶を手繰っている僕がいます。なんだかそれも、面倒なので、ここに過去のことを書いてしまえば、あとは忘れても大丈夫というか(笑)。

いわゆる趣味と言われていることも書きたい。

このカテゴリでは僕の趣味について書いてみたいと思っています。よく人から「趣味はなんですか?」と聞かれて、簡単にさくっと答えられないが僕です(笑)。今までに趣味の分野で興味があったことというのは、漫画を読む/書く・読書・映画を見る・音楽を聴く・コンサートに行く・バンドをやる・料理を作る…などなどで、要するにスポーツやアウトドアのように身体を使うことは苦手というか、あまり好きじゃなくて「それ以外」ってのが正しいみたいです(笑)。

その中でも「音楽に関わること」というのは、僕の中で一番大きな趣味かもしれません。音楽(ロック)を聴くことは、趣味が高じて「ロックバー」のマスターだった時代もありますし、大学時代に熱中したロックバンドは、一旦解散したものの、還暦をきっかけに再結成して、今も曲作りを楽しんでいます。

あと、映画も大好きで、高校時代は毎週末に映画館(2番落ちの3本立て名画座)に通って、年間100本見たことがありますし、読書に至っては職業がデザイナーであることもありますが、MAX5000冊を所蔵していたこともあります。

自分で楽器を弾いたり、歌ったりするバンド活動以外は、すごく受動的な趣味なんですけど、これまでに見たり、聞いたり、読んだりしてきたことは、僕にとっての唯一の財産かもしれないと思っています。

最近興味のある健康と食について。

60歳になると、真面目に健康のことを考えるようになりました(それまでが不健康すぎたのでw)。そこで自分自身が興味を持っている健康管理についてのことも書いてみようと思います。

特に、この1年くらいでアロマオイルやミネラルについてよい商品に出会ったこともありますので、この記事が誰かの役に立つといいなあと思っています。

また健康にも関連するのですが、この数年「料理を作るコト」が大好きになりました。自分が作った料理のことやレシピなんかも記録しておきたいと考えています。

そして自分の仕事のことも書きます。

これまで仕事をしてきて、僕肩書きは「デザイナー」を名乗っている時期が一番長くありました。最初はチラシとかカタログとかパンフレットなどの印刷物を作る「グラフィックデザイナー」という肩書き。その後、Macintoshというコンピュータに出会ってから「DTPデザイナー」という意味不明の肩書きを名刺に付けたこともありました。

1995年の阪神大震災以降は「ウェブデザイナー」という名前でずっと(今でも)仕事をしていますし、一番最近の名刺の肩書きは「UXデザイナー」と名乗っています。

まあ、肩書きなんざ、どうでもいいですが、要するにデザインをしてモノ作りをする仕事で、40年近く収入を得てきました。このブログの「仕事のコト」というカテゴリでは、そのあたりのことを中心に書いてみたいと思っています。

そんなわけで、これからブログ記事を書いていこうと思っているのですが、書きたいことがたくさんあって(ありすぎて)、嬉しいような気分でもあり、大変なことを思いついてしまったかなー、と思っている今日この頃であります。


ブログランキングに登録しました。下のリンクをクリックして投票をお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
人気ブログランキングに投票する